スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 探検ジベ物語。
2006年04月24日 (月) | 編集 |
 ただいまインドで宗教クエの残りを潰していってるえもねこです、こんばんわ。この宗教クエ・・・残りのほとんどは、ケープ→インド。はい、めんどくさいです。地中海→インドよりはましだけど、ケープ→インドクエが10弱残っててだるいです。とりあえず、今度の土曜日に商会員のケコーン式があるのでそれまでには終わらせたいところ。ちょっときついかなぁ・・・

 今日のネタは、探検ジーベックの話です。4月23日、0時をもちまして、ホルムズに探検ジベが登場しました。登場の瞬間に立ち会っていましたので、それのご報告です。

 ・・・普通に書こうと思ったら物語風になっちゃいました(ぇ まぁ、後半はいつものノリですけど。かなり長めになっています。こんなの寝る前に書くから睡眠時間が・・・orz



 4月22日、某時刻。えもねこ(以下ねこ)は、ホルムズに向かっていた。ホルムズの発展度を確認するためである。能登鯖では、廃が多くクリッパがあるので、中途半端な探検ジベなんかいらないっとホルムズを発展させていなかった。ねこはそれに苛立ちを感じていた。なぜ別鯖では出ているのに能登だけは出さないのか?少なからずそう感じていた冒険家も少なくないだろう。だが、探検ジベを欲しがるような人はほとんど商クリなんかに乗れない純冒険家であろう。そんな人たちが、いくら探検ジベが欲しくてもそこは冒険家、お金がない。投資してもすずめの涙程度だ。ねこも前々からずっと探検ジベを狙っていた。が、所詮数十M程度の資産では歯が立たなかった。

 そんな中、別鯖で軍用ジベが出たとの報告が。ジーベック級の速度を持ちながら砲が4基積める。そんなかなり使えそうな船がホルムズに眠っていたという情報であった。そこでねこは考えた。

 ねこ「これはチャンスなのでは・・・?この軍用ジベが欲しいお金持ちの人たちがホルムズに投資してくれて、その結果、探検ジベも出るんじゃないか・・・?」

 そういうわけで、インド修行中のねこはホルムズが投資家たちで盛り上がっていることを期待しながら、ホルムズに向かっているのだった。


 高まる期待を胸に秘め、ホルムズに到着するねこ。さっそく役人に町の発展度を聞くことに。

 ねこ「お久しぶりです、役人さん。」

 役人「お、えもねこか、久しぶりじゃないか。・・・お、ヴェネツィアに亡命したのか。前にきたときは、まだポルトガルだったよな。カリカットでの仕入れ勝負で必要なペルシャ絨毯を買い集めてたよな。」

 ねこ「それより、今ホルムズの発展度はどうなっていますか??」

 役人「もしかしてお前も新ジーベック狙いなのか?最近そういう奴が多くてなぁ。おかげでここ最近一気に町が発展したよ。・・・あぁ、発展度だったな。ちょっと待ってくれ・・・今の発展度は、49449だ。50000までもう少しだな」 

 ねこ「ありがとうございます、僕も少しばかりですが投資しますね」

 役人「おお、投資してくださるか」

 えもねこが、役人に20Mドゥカート渡す。

 役人「街のために有効に利用させてもらうぞ」



 普段投資なんてめったにしないねこは20Mでどの程度発展するか知る由もありません。そのため、投資した額が街の発展度に反映するまで待つことにしました。役人さんと世間話をしながら待つこと約1時間。やっと反映されました。

 ねこ「さっきの投資でどのくらい発展しましたか!?」

 役人「そ、そんなに乗り出すなよ。ちょっと待ってくれ・・・49528だ」



 20Mで79発展しました。前からS氏に発展度50000で出ると聞いていたので、単純計算、後約130Mの投資で出るという結果に。ねこの残り財産は20M。これには作ってもらう船代も含まれているのでさすがにこれ以上は削れません。とりあえず、お金持ちな人でもこないかなっと役人横でぼーっと道行く人を見ているねこ。ですが、全然投資してくれる人は現れません。みんな関心ないのかなぁ・・・っとちょっと悲しくなっているねこ。そこへ、1人の美しい女性が!・・・女性というより女の子なんですが、あれ・・・この人どこかで見たこと・・・ハッ!!あの有名な造船屋さんじゃないですか!!それも投資してます!かなり投資してます!!こ、これは声をかけなければ・・・と思い、思い切って声をかけてみました。話してみると彼女もジベ狙いの模様。彼女は50M投資してくれました。ありがたいことです。ねこは少し出かける用事があったので、彼女と夜には50000超えているかもねという話をしながら一旦落ちました。

 

 その夜。わくわくしながらホルムズに舞い戻るねこ。

 ねこ「役人さん!!どうなりました!!!」

 役人「か、仮面で迫るな!今調べるから・・・う~ん、今の発展度が50282だな」



 とうとうきました!発展度50000超えです!商会チャットで見苦しく叫ぶねこ。さっそく某有名造船屋の方に作っていただけないかとtellしてみました。彼女はカリカットにいたらしく今から向かうとのこと。作ってくれることに。また叫ぶねこ。

えもねこ>うおー
ゆらら>!!
シーマ・ドール>吼える猫
えもねこ>○○さんに探検ジベ作成頼んじゃったーーー
フロード>お?
ゆらら>なあああああああああ
フロード>探検ジベでてんの?
ゆらら>マジーーーーーーーーーーーーー
フロード>ホルムズ?
えもねこ>さっき50000超えた
えもねこ>発展度
ゆらら>キタ━━━━ヽ( ゚∀゚)ノ━━━━
フロード>なおさんが確認したときはでてなかったんだがw

 「え・・・ちょ、ちょっとまってくれよ、商会長。まだ探検ジベ出てないだと・・・?確かに、造船5しかない自分には確認できないし、回りにも高ランク造船屋さんがいない。ここは、なおさんに確認取るしかないか・・・」

 と、なおさんにtellしてみることに。


>> ○○>こんばんわー
○○ >>>ノ
>> ○○>質問があるんですがいいですか??
○○ >>>はーい
>> ○○>今ホルムズの発展度50000越えているんですが、探検ジベ出てないんですか・・・?
○○ >>>ああ、出てなかったのよ
>> ○○>まじですか!?
○○ >>>あれ下手すると0時超えないとダメかも?
○○ >>>わたしその場にいたのよ
○○ >>>で、港も右往左往して出入りしてみたんだけど、一向に出てこなくてネ

 なんと本当に出てないみたいです。その旨を有名造船家の人に伝えたところ、一応確認しにきてくれることになりました。

 確認してもらいましたが、やはり出ていませんでした・・・そのことを50000で出ると教えてくれたS氏に話したところ、

S >>>ふむー
S >>>もうちょっと発展度いるのかねぇ
     ・
     ・
     ・
S >>>52000みたいwwww
>> S>ソースplz
S >>>冒険スレ!!
S >>>商用武装が54000
S >>>前スレみたら
S >>>かいてあった

 情報源がいい加減だったことに落ち込むねこ。その後、その情報と造船屋の彼女との情報により、発展度51000で出るという結論に。お金のないねこは親方の前でまったり会話をしながら待つことに。




 眠さに負けず、待つこと数時間。とうとうこの時がやってきました。




 やりました!とうとう51000超えです。このことを某有名造船屋の方に伝えようとするえもねこ。だが、彼女は退席中であった。そんな中、ぼそっと独り言を話している男性がいました。


○○>探検用いいなぁ…25人でいいとは
えもねこ>○○さんー
えもねこ>出てます!?
○○>ほいな
えもねこ>探検
○○>うん。探検用は見えてるよ。
えもねこ>おおおおおおおおお
 
 4月23日、午前0時。この瞬間に能登鯖に探検ジベが登場したのです!オープンでも、商会チャットでも見苦しく叫ぶねこ。探検ジベ登場の瞬間に立会い、興奮するねこ。

 「はやく!はやく探検ジベに乗りたい!!けど・・・作成を依頼した有名造船家の人が帰ってこない・・・やはり彼女に作ってもらいたいし、少し待ってみよう」

   ・
   ・
   ・

 1時間経過。

 「帰ってこないなぁ。でも、もうちょっとだけ待ってみよう!」

   ・
   ・
   ・

華凉>さて、現地のえもさんを呼んでみましょう。えもさーん
ぱんたー>リポーターw
えもねこ>はいはーい、こちらホルムズのえもねこですっ
華凉>造船の人起きましたかーっ
えもねこ>た、退席中であります・・・
ざくろ>カワイソス
華凉>なかなか、大変な模様です。

   ・
   ・
   ・

 更に1時間経過。

 眠さが限界に達したねこ。造船の方にtellを残して撃沈・・・



 よく朝。・・・というか昼過ぎ。ホルムズに降り立つねこ。なんと目の前に、あの造船屋さんがいるではないですか!?さっそく再度造船依頼をしました。1件予約が入っていたらしく待つこと1時間。



 とうとう探検ジーベを手に入れました。

 「ねんがんのたんけんじーべっくをてにいれたぞ」



 「この帆性能・・・素晴らしい。素晴らしいよ。ジーベックとあまり変わらないところが素晴らしいよ!探検ジーベ最高!!」


 
 最後に。いきなり話しかけたのに、ちゃんと話に付き合ってくれ、嘘な情報に振り回されながらも、探検ジーベを作っていただいたエルメスさんどうもありがとうございました。また機会があればよろしくお願いします。

 (やべ、名前出しちゃったww(ぉぃ



a_01.gif
探検ジーベの素晴らしさが分かる人はクリックっ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。